PCオーディオ

 オンボードのカニさんは まあまあですが
 RECがイマイチ使いにくいので、やはりサウンドカードかな?
 なんて思いつつ・・オンボードよりマシならいいかと
 
c0223038_22191548.jpg

 TASCAM US-125Mにしてみましたところ、これが意外といけます
 スペックは平凡ですが 出てくる音はPCオーディオを超えて
 ピュアオーディオに片足入れてると思いますよ(笑。
 
 音の粒立ちといい立体感も想像を超えてました。少し煮詰めればさらに好くなりそうなので、
 使い回し部材を含めエージングとチューニングしてみたところ 
 う~ん これなら良いという所まで仕上がりました。
     
c0223038_22241368.jpg


 
 PC⇒FURUTECH・Formula 2 USB Cable⇒TASCAM US-125M⇒
 Aaudio-technica GOLDLINK Fine AT561Aピン×2-ステレオミニ⇒
 BostonBA635(アンプ・ウーハー部)⇒SoundWorksDigital(フルレンジSP)

 この様な具合です。BostonBA635はかなり昔使ってましたが素性が良いアンプとSPでしたので
 少し手を入れてます、SoundWorksDigitalのSPも同じで6cmクラスのSPが少なかったので
 残してたもの使い回しです。SPケーブルはBELDEN 8460で1.2mほどで使ってます。

 再生音は?と言うと スタジオモニター調でF特は、なだらかなカマボコ型です
 ケーブル類もオーディオのエントリークラスですが、十分に効果があります。
 こんな小さなSPなのに音の立体感と厚味はサイズを超えてます。
 なかなか・・ やるもんだね~ぇ と(^J^)



 

by kennyj1016 | 2012-07-06 22:33 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kennyj.exblog.jp/tb/18194682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。